歯科の中でも専門医とは

歯科の認定医と専門医の違い

  • トップ /
  • 歯科の認定医と専門医の違い

歯科専門医による治療のメリット

歯科における認定医は、試験に合格し、学会に認定された場合に与えられる称号です。試験を受けられる条件などは、各学会によって異なります。また認定医という名称を、最近になって専門医という名称に変更した学会もあります。ただし、歯科で認定医でないからといって、臨床経験がないということではありません。また日本歯周病学会や日本口腔インプラント学会では、まず認証医の資格を取り、その後専門医の資格を取るというシステムを取っています。そして最終的には、歯科の分野の指導医という称号が与えられます。専門医や指導医であれば、受診する際も安心です。さらに歯列矯正に関する日本の学会では、矯正治療の知識と経験が豊かな認定医や専門医の名簿を一般公開しています。また、特に矯正歯科の分野は、大学で学ぶ範囲以上の技術を必要とします。そのため矯正医になるには、卒業後に研修を受けて専門技術を身に付けなければなりません。従って歯並びや噛み合わせの治療を受ける場合は、歯列矯正専門のクリニックで治療を受けた方が、一般歯科で治療を受けるより満足できる結果が得られます。ただし、歯並びの矯正には健康保険は利かないので、事前に費用を聞いておくと良いです。

↑PAGE TOP