歯科医でも専門分野がある

一般歯科と専門医の違い

  • トップ /
  • 一般歯科と専門医の違い

専門性が必要な歯科治療

技術が求められる歯医者は、ひとくくりに歯科とはいっても様々です。矯正やインプラントを得意とする専門医と、虫歯などの治療をおこなう一般歯科には、大きな違いがあるのです。一般歯科は虫歯や歯周病、入れ歯の処置など、主に痛みをともなう歯の疾患の治療をおこないます。矯正やインプラントなどの、歯を美しく見せるための治療とは目的に違いがあるのです。歯列の矯正やインプラント、歯を白くするホワイトニングなどに特化する専門医院は、そのための機器が整えられ、医師も数多くの症例を治療した経験をもっています。専門治療のための機器が揃っているので、スムーズに専門的な高度な治療を受けることができるのです。一般歯科は、虫歯や歯周病などの多くの症例を診察して、治療してきた経験と実績を持っています。歯が痛む虫歯や歯茎が腫れる歯周病などであれば一般歯科、高い専門性が求められる矯正やインプラントなどは、専門医を受診するべきでしょう。「上手な歯医者」といっても、一般的な治療を得意とするのか、専門医かによって意味も変わります。「歯を抜くのが上手」と「歯列の矯正が上手」では、全く意味に違いがあるのです。受けたい治療によって、行くべき歯医者を選びましょう。

↑PAGE TOP